×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイの不動産物件の購入について

ハワイで、別荘として購入を考える場合、利用しない期間の維持が重要となります。
空いている期間に
1 レンタルしない場合
 これはご自分の趣味や好みを優先することができるため憧れのハワイでバラエティーに富んだ物件を選択できるでしょう。
2 レンタルする場合
 レンタルで家賃の収入を予定している場合は、貸し出しの利便性を考慮したハワイでの物件が必要となるでしょう。
条件的にはロケーション、内装、部屋からの眺望その他規約などの条件を考慮しなければならいでしょう。
投資としての不動産購入
ハワイで投資物件の場合の購入要因は、購入価格と利回りが重要となります。ステューディオやワンベットルームが一般的に回転率が高く、高額物件に比べ、利回りは確実と言えるでしょう。
ハワイはアメリカ本土と違い、人々の考え方は日本に近いようで、米国本土で投資するよりも、安心だと思われます。
居住用としての物件購入
実際ハワイに在住されている方の場合の不動産購入は、税制的なメリットだと思います。ローンなど財政面での考慮が必要でしょう。日本からの購入とは内容や条件が異なります。

ハワイの不動産売却流れについて

ハワイの不動産売却流れにつきましては、概ね3つのステップからなります。
1 リスティングまで(数週間〜数ヶ月)
売主が販売の手続きを行う段階でエージェントを決めます。エージェントの主な仕事は、設定までのセットアップから始まり、販売価格のアドバイスや実際、販売が始まれば、部屋の見学などの手配も行います。
2 リスティング(1日〜1年)
簡単に言えば販売期間のことです。MLS(ハワイ州内で販売されている物件が、一同にリストアップされるシステム)を利用し、多くの人に情報を提供します。
3売買完了まで(約45日間)
買主からのオファーが入り、売主が売却条件等にOKすれば、売買契約に進みます。この際、エスクロー(売主、買主の中間に位置する政府の公認の、独立した団体で、不動産売買の決済部分を扱います。)を利用して、契約を進めていきます。売主は確認とサインが主な仕事で、業者は主に書類のやり取りが中心となります。売主は物件の状態を説明する書類を自ら作成する義務がありその間は、ハワイに行かなければなりません。

ハワイの賃貸物件について

バケーションレンタル(短・中期のレンタルの事)
ハワイでは、一般的な賃貸形式のことで、多くのコンドミニアムがバケーションレンタルに存在しています。ハワイのバケーションレンタルは、最短1日から希望する期間まで利用可能です。
また、ハワイのバケーションレンタルは、炊事道具、寝具類、清掃道具などの設備が整っており、ハワイに到着したその日からでも普段の生活ができるようになっていますので、家族等で利用するのも良いのではないでしょうか?
ただ部屋の清掃やフロントサービスが無いのが欠点で、これがホテルと違うところです。
長期賃貸物件
長期レンタルは、ハワイの場合、6ヶ月以上の契約の事を言います。ハワイでは、本人が契約するのが一般的となってるところが短期の契約と違うところで、日本での予約は無理となっている場合もあり、ハワイ到着後に契約をしる事になります。
以上いろいろ書いていきましたが、ハワイには日本人が経営している不動産業者も多数ありますので、ご自身でいろいろ調べるのがベストだと言えます。

Copyright © 2007 ハワイの不動産ノウハウ